動きやすい格好で運動しよう!スポーツジムに適した服装の選び方

屋内運動1

スポーツジムに通うことを決めたときに重要なポイントが服装です。動きにくい服装でスポーツジムに行くと、運動を楽しめない可能性が高くなります。スポーツジムの利点を活かすためにも適切な服装を選ぶのが良いと言えます。

また適切な服装を選ぶことで、運動の効果を高めることもできます。そこで今回はスポーツジムに適した服装の選び方を紹介していきます。

トップスは吸汗性や速乾性を重視しよう

スポーツジムでの運動は汗をかきやすいです。そのため吸汗性や速乾性に優れたトップスを選ぶのが適しています。吸汗性や速乾性に優れたものであれば、激しい運動で汗をかいてしまっても、べたつきを感じにくいというメリットがあります。

透湿性の高いものもスポーツジムでの着用に適しています。透湿性の高いものは汗を逃がしやすいという特徴があるため、蒸れにくいというメリットが得られます。これらの機能は通常のTシャツには含まれていないケースが多いです。

そのためスポーツ用品を取り扱っているショップで探すのが良いと言えます。特に大手のスポーツメーカーが販売しているものであれば、吸汗性や速乾性、透湿性に優れたものが見つけやすいです。スポーツジムは空調で室内の温度調節を行っています。

季節に関係なく、常に適温を保っているため、運動の行いやすい環境が整っていると言えます。そのためスポーツジムでは冬場でも厚着をする必要がありません。汗をかくことが多いので、いつでも半袖のTシャツやタンクトップを着ている人が多い傾向にあります。

パーカーやウインドブレーカーは有酸素運動を行わないときには適したアイテムです。お風呂やシャワーの後に体が冷えてしまうことを避けたい人も、ウインドブレーカーを持っておくと役立ちます。

パンツやボトムスは動きやすいものを選ぼう

屋内運動8

パンツやボトムスは動きやすいものを選ぶのがオススメです。動きにくいものを選んでしまうと、トレーニングの動きに対応しにくい可能性があります。動きやすいパンツやボトムスを選ぶときに注目しておくと良いポイントが、ストレッチ性の高さです。

ストレッチ性の高いものは足の伸び縮みが必要な運動を行う際に役立ちます。トレーニングによっては足を大きく広げるようなケースもあります。そのような状況でもストレッチ性の高いパンツやボトムスを履いていれば、股の部分が破ける心配がありません。

パンツやボトムスを選ぶ際にも吸汗性や速乾性の高いものに注目しておくのがオススメです。特に体へのフィット感が強いタイプのパンツを選ぶときには、速乾性を重視しておくと良いと言えます。パンツにはハーフパンツとロングパンツがありますが、どちらを着用するかは自由です。

激しい運動をするのであれば、ハーフパンツの方が動きやすくなります。ロングパンツを着用する場合は、足にフィットしやすい素材のものを選ぶのが良いです。足にフィットするものを選ぶことで、運動中にパンツの裾が邪魔になることが少なくなります。

運動の効果を高めたいのであればアンダーウェアを着用しよう

スポーツジムで運動を行うときには、アンダーウェアを着用するのもオススメです。アンダーウェアを着用することで得られるメリットとして筋肉への加圧やサポートが挙げられます。アンダーウェアは運動中に筋肉への適度な加圧が行われるため、筋力トレーニングをメインに体を動かしている人に適しているアイテムです。

アンダーウェアには筋肉を整える効果もあります。筋肉を整えてくれることで、バランス良く筋肉がつく可能性が高くなります。関節の歪みや痛みに対する補正も期待できます。アンダーウェアは疲労軽減の効果も得られるので、トレーニングによる体への負担を軽減したい人も着用してみるのが良いと言えます。

筋肉への加圧をメインに使用したい場合は、ワンサイズ小さいものを選ぶことで加圧の高い効果が得られます。疲労軽減をメインに使用するケースでは大きめのアンダーウェアを着ておくのが良いです。大きめを選ぶことで加圧の効果は弱くなり、体への負担が少なくなります。

関節の歪みや痛みを補正しながら運動を楽しみたいという人は、フィット感を重視してアンダーウェアを選ぶのがオススメです。初めは上半身だけ着用してみて、慣れてきた頃に下半身にも着用してみると、より運動の効果を高めることができます。

アンダーウェアだけを着用して運動しても良いですが、アンダーウェアの上にTシャツやパーカーを着ておくとボディーラインを隠しておくことができます。アンダーウェアの上にTシャツやパーカーを着ても、アンダーウェアの効果が弱まることはありません。

靴選びも重要なポイント

スポーツジムでは基本的に土足が禁止されています。そのためスポーツジムで履くためのシューズが必要になります。「シューズまで気にしなくてもいいのではないか」という意見もあるかもしれません。しかし、普通のスニーカーはファッション性が重視されているものが多く、クッション性が低いため、激しい運動には対応しきれないものが多いです。

スポーツジムで使用する場合にはスポーツ用のシューズを選んでおくのが重要になります。クッション性が高く、激しい運動にも対応しやすいシューズと言えるのは、ランニングシューズです。ランニングシューズであれば走ることを目的に作られているため、クッション性が高く、足への負担が少なくなっています。

靴自体が軽いものの多いので、足が疲れにくいというメリットも得られます。ランニングシューズは足にフィットしやすいものを選ぶのも重要です。フィット感が少ないと、運動の際に足への負担が大きくなります。購入後に思っていたよりもサイズが大きいと感じた場合は、中敷きを入れてサイズが合うように調整しておくことも必要です。

スポーツジムでレンタルを利用して気軽に通う

五本指ソックスでべたつきを軽減

スポーツジムで運動を行うときには、靴下にも注目しておくのがオススメです。普通の靴下では汗の吸収が悪く、べたつきやすいので、運動時に気持ち悪さを感じてしまう可能性があります。そこでオススメなのが五本指ソックスです。

五本指ソックスであれば足の指の隙間からも汗を吸収してくれるため、べたつきにくいというメリットがあります。足の底に滑り止めがついているタイプの五本指ソックスであれば、激しい運動を行っても靴下が脱げてしまう心配がありません。

靴下は土踏まずにフィットするかという部分も重要です。土踏まずは地面につかないため、疲れやすい部分と言えます。靴下が土踏まずにフィットしていないと、足全体への負担が大きくなり、運動後の足への疲労が大きくなります。

参考...テニスジム:メガロス