スポーツジムトレーニングでのスポーツ用手袋の有用性

屋内運動8

これからスポーツジムの会員になってトレーニングを始めたいという方や、既にトレーニングを始めている方で他の人が着用しているトレーニング用の手袋が気になった方もいるでしょう。

トレーニングウェアを始め、スポーツジムでトレーニングする際には色々なアイテムが必要となります。スポーツジムで使用するアイテムにはそれぞれに用途があります。このページでは、スポーツジムで使用するスポーツ用手袋の紹介と説明を行います。


スポーツジムで手袋をする有用性

結論から先に言うと、スポーツジムでトレーニングを行う場合、特に無酸素運動である筋力トレーニングを行う場合に手袋は必要です。その理由に関しては大きな理由として3点あげられます。

1つ目は、安全面を高めるという理由です。2点目がグリップ力をサポートすることで、狙った筋肉を鍛えやすいという理由です。最後は、手のひらの摩擦を少なくして痛みを和らげるという点です。せっかくのスポーツジムでのトレーニングです。

ケガをしてしまったり、一生懸命やった成果が出てこなければ途中で挫折してしまうことになってしまいます。トレーニングは続けるということがとても大事です。その為にもトレーニング用のアイテムにこだわるのも重要な条件となります。

以下ではスポーツジム用のスポーツ用手袋を使用する有用な理由3点に関して詳しく説明していきます。

スポーツ用手袋で「安全面」をサポート!

スポーツジムでのトレーニングに限らず、スポーツを行う際に一番気を付けなければならないのは「安全面」です。トレーニング時には常に気を付けていても危険はつきものです。スポーツ用の手袋を使用することによってこの「安全面」をサポートすることが出来ます。

どのような場面で安全面がサポートできるかと言うと、まず何かに挟まれた場合に指を守ってくれます。スポーツジムでのトレーニングをする場合、少なからずウェイト(重り)を取り付けたり外したりという作業があります。

これは、マシンを使う場合でもフリーウェイトトレーニングを行う場合でも必ず行う作業です。素手で高重量のウェイトに挟まれるととても痛いですし、最悪の場合は骨折する可能性まであります。又、スポーツ手袋を着用することでトレーニングで使うバーを滑り落ちにくくします。

トレーニングをしていると大量の汗をかきます。安全面に気を付けていても汗をかいてしまうと手が滑ってしまうこともあります。トレーニング時に使うバーは常に握っていなければなりません。急に手から離れてしまうとその重量分の力で落ちてしまいます。

トレーニングの方法にもよりますが、例えば有名なベンチプレスをしているときに手からバーが滑ってしまうと高重量のウェイトが直接胸に落ちてきます。したがって、胸の周りを守っている肋骨に強い衝撃がかかり骨が折れてしまう危険性があります。

スポーツ用手袋で効率よく筋力アップ!

屋内運動14

次に説明したいのがグリップ力のサポートとしての有用性です。スポーツジムでのトレーニングには様々な種類がありますが、上半身を鍛えるトレーニングではほとんどの種目でバーを「握る」という動作が必要です。上半身を鍛えるトレーニングは大きく分けて「押す」種目と「引っ張る」種目に分かれます。

特に「引っ張る」種目に関してはバーを支えるためにグリップをする力、つまり握力が必要になってきます。握力そのものを鍛えるのであれば問題はありませんが、その他の筋肉を鍛えるときには握力のサポートが必要です。

なぜなら、例えば背中を鍛えているのに握力が限界になってしまって背中を十分に鍛えられないということが起こるからです。筋肉を鍛える場合には、鍛えるべき筋肉に効率よく負荷をかけなければなりません。ですが、どうしても握力は色々な種目で使うためすぐに疲労してしまいます。

そして、握力が足りないために目的の筋肉に負荷がかけられない場合があります。そういった場合に、スポーツ用の手袋が滑り止めの役割を担い握力のサポートをしてくれるのです。自身の握力をスポーツ用手袋がサポートしてくれるので目的としている筋肉を十分に鍛えることが出来ます。

スポーツ用手袋は手のひらを守る!

最後は手のひらへの摩擦を軽減させるという点です。先ほど同様に「引っ張る」種目ではバーを引くという動作をした時に手のひらの皮に後負荷の摩擦がかかります。この摩擦によって手のひらの皮が引っ張られるために、皮が剥けてしまったり豆が出来てしまったりします。

女性の方ですと手のひらが豆や傷で痛んでいるのを嫌がる方もいるでしょう。このことを嫌がらない人の場合でも、常に皮が剥けている状態だと痛みが伴いますのでトレーニングにも支障が出てきます。血が出てしまった場合は自身が痛いのも勿論ですが、マシンを共有するスポーツジムではほかの利用者にも迷惑がかかります。

他人の血を見るのはいい気がしません。以上のような危険性を避けるためであったり、トレーニングの効率の向上のためにも、特にトレーニング初級者の方に対してはスポーツ用の手袋を着用することをおすすめします。最近では、各スポーツメイカーもスポーツ用手袋の研究開発に積極的に取り組んでおり用途に合わせたたくさんの種類のものがあります。

女性の方でも、機能性とファッション性に優れたスポーツ用手袋もありますので安心して購入できます。

動きやすい格好で運動しよう!スポーツジムに適した服装の選び方

どのようなスポーツ用手袋を使用すればよいか?

スポーツ用の手袋と言っても用途によってさまざまな種類があります。それは、自身の目的に合ったものを購入すればよいのですが特にスポーツジム用の手袋のおすすめを紹介します。基本的にスポーツジムで使用する手袋はサイクリング用の手袋とは違いますので注意してください。

「ウェイトトレーニング用グローブ」や「スポーツジム用手袋」でインターネット検索すれば出てきますし、スポーツ用品店で同じワードをスタッフに伝えれば十分に通じますのでスタッフが案内してくれます。初級者の方の場合は、自身でどこに一番負荷がかかるかわからないと思うので一番スタンダードなものを選ぶと良いです。

ちなみに、工事現場で使用するような作業用手袋でも良いのですがあまりおすすめは出来ません。なぜなら作業用の手袋は用途が違うために、ウェイトトレーニングを行うと滑り止め部分がすぐに摩耗してしまい、滑りやすくなってしまいます。

時々、トレーニングジムでも軍手を使用している方を見かけます。これは、避けた方が良いです。布で出来ているのですぐに伸びてしまいますし、たとえ滑り止めのついている軍手でも非常に滑りやすく危険です。スポーツジムで使用する手袋は、ジムで使用することに特化したスポーツジム用手袋を使用しましょう。